介護補助の業務について

介護補助の業務について

■「介護補助」ってどんな仕事?
介護関連の求人情報を見ていると、時々「介護補助」の求人があったりしますね。しかも「無資格者OK」という注釈までついていますが、一体どんな仕事をするのでしょうか。

介護の内容については、「訪問介護の仕事について」のページを参考にしてもらえればと思いますが、大きく分ければ身体介護(食事や排泄の世話など)と生活援助(掃除・洗濯など)の二つに分かれます。「介護補助」とは読んで字のごとく、そういった介護の仕事を助ける仕事です。

通常、介護の仕事を行うには、ホームヘルパーや介護福祉士の資格がないとできないわけですが、あくまでも「補助」なので資格は不要ということですね。
ただその分、食事の配膳や介助、シーツ交換や掃除、洗濯など、雑用的な仕事が中心となります。

とはいえ、実際にどんな仕事をするのかは、介護施設によって違いますから、
もしも求人に応募するのであれば、その点をしっかりと担当者に確認することが大切です。
また、施設によっては、資格取得を応援してくれるところもありますので、
介護福祉の仕事に本気で取り組むのであれば、その点も重視して応募先を選びたいところです。



介護派遣の情報サイト「介護キャリアプラス」はこちら