介護施設の種類と特徴

介護施設の種類と特徴

1. 特別養護老人ホーム
常時介護が必要でありながら、自宅での生活が困難な人が入所するのが「特別養護老人ホーム」です。入所するお年寄りにとっては「日常生活の場」となりますから、食事や排泄、入浴の介助はもちろん、機能訓練や健康管理に至るまで、すべての介護サービスが提供されます。

2. 介護老人保健施設
病状が安定しているので入院治療の必要はないけれども、自宅での生活はまだ無理という場合に、看護と介護とリハビリを提供するのが「介護老人保健施設」です。あくまでも自宅復帰を目指すところが「特別養護老人ホーム」とは異なります。

3. グループホーム
比較的安定している認知症の要介護者を対象にするのが「グループホーム」です。
定員は5〜9名。通常の住宅で共同生活を送るのが特徴ですが、
もちろん常に、介護職員が常駐しています。
また、普段どおりの生活ができるよう(認知症の進行を緩やかにするのに重要!)、
共有スペースだけでなく、各人の居室なども用意されています。

4. 有料老人ホーム
上の1〜3までとは異なり、介護保険の適用を受けないのが「有料老人ホーム」です。
食事の提供や健康管理だけを行うものから、介護つきのものまでタイプも様々。
介護つきといっても、介護サービスの提供を外部の業者に任せているところあります。

5. デイサービス
在宅で介護を受けながら、定期的に日帰りで利用されるのが「デイサービス」ですね。
朝出かけて、入浴サービスのあと昼食をとり、
ゲームや軽い運動、さらには歌なども歌ったりと1日を過して夕方帰宅。
在宅の要介護者の社会的な孤立を防ぐといった役割も担っています。



介護派遣の情報サイト「介護キャリアプラス」はこちら