訪問介護の仕事について

訪問介護の仕事について

■訪問介護とは?
要介護者の家庭を訪れて、日常生活に必要な援助を行うのが「訪問介護」といわれているものですが、実際にこの仕事に従事するには、少なくともホームヘルパーの資格が必要です(介護福祉士も可能)。

■訪問介護の内容
訪問介護の仕事内容は、大きく2つに分かれます。

一つは「身体介護」です。
要介護者が寝たきりの場合を思い浮かべてみましょう。
入浴や洗髪の介助、あるいは食事や排泄の世話が必要になったり、
場合によっては床ずれを起こさないように、定期的に体位を変換することも必要ですね。
そういったことを行うのが「身体介護」です。

二つ目は「生活援助」です。
寝たきりではないけれど、動き回るのはちょっと無理という場合などに、
要介護者に代わって、買物や掃除、洗濯など家事全般を行うものです。

ただし、ホームヘルパーはどんな要求にも応える便利屋さんではありません。
通常は「この家庭では買物だけ」とか「こちらのお宅ではオムツの交換だけ」といったように、
最初から介護内容がしっかりと決められています。

ちなみに、要介護者の状態を見つつ、本人や家族の要望を聞きながら、
具体的な介護内容を決めていくのは、介護支援専門員(ケアマネージャー)の仕事です。



介護派遣の情報サイト「介護キャリアプラス」はこちら